2014年04月12日

続き

北沢志保
 今回の問題提起ちゃん。別段矢吹を嫌いなわけではないんだろうなという感じ。
「あなたが一番できていなかったんじゃない」と言い切った彼女は割りと必要な人材だと思った。
矢吹は「自分も含めて」できてないところはがんばろうって言ったんだろうけど、アイドルの立場で「競争」というのが一番上に来る志保にとってはいい言葉では無かったんだろうと。
北沢 感想.png
「どうしてあなたがリーダーなんですか」
「競争」意識が高い志保にとって「背中で語る」系の春香リーダーは理解寄せづらいかな〜。
矢吹がもうアイドルを諦めると言った時に「じゃあもういいじゃないですか」と。「矢吹は競争から落ちたんだし、私達がやらなきゃいけねーのに何言っとんじゃこのリーダーは」と言い切る。
「今いるメンバーで」という志保に対しての春香の答えが「直接聞く」なんだからもう志保が何言おうと矢吹に春香が直接聞くまでは絶対に折れない。
志保としても「矢吹さんのやめたいという言葉は強い」と思ってたんだろうけど、電話越しの矢吹の言葉は春香にとっちゃ「嘘」なんだろうなと。
北沢志保はきっと不器用だからステージの下見での言葉は「みんなで頑張らないと」っていう言葉の裏返しだったんだなと思った。

箱崎星梨花
 体力無い組。どう考えてもやよいと同い年だけどこいつ13なんすね
ステージの下見で矢吹に一番最初に駆け寄ったシーンがあって「わたしもがんばるから」みたいな事言うんだけど、ああいうふうに一度挫けるのはもしかしたら矢吹じゃなくて私だったかもしれない、という言葉だと思う。荻原建設の家に行った時も割りとこの子は現実的にものを見るんだなと。
箱崎.png
キャラデザいいよね。

双海亜美真美
 765プロ情緒担当。むやみにポジティブなわけじゃないし、ひたすらネガティブではない。
765が楽しい時は楽しい分悲しい時も悲しいんだろうと。Pが渡米すると聞いたときに同じく我那覇も悲しんでたんだけど、そこで伊織に「悲しくないのか」聞く。で伊織が珍しく「悲しい」と。そこで「やっぱり」じゃなくて「伊織も」悲しいことに気づく双子(と我那覇)。
伊織が強い子だと知っていたから叱咤激励してほしかったんだと思った。無意識だろうけど。
双海.png
眠り姫のシーンがピークだとは思わない。あのシーン好きだけど。
posted by もやし at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。